今時のJKたちはどこで援交を募集しているのか?【悪用厳禁】

援助交際ブームと呼ばれた1990年代後半。管理人はまだ子供だったので当時の世間の雰囲気は知りませんが、それはもう凄かったと聞きます。

コギャルと呼ばれた当時のJKたちは援交をしていて当たり前、体を売って当たり前パンツを売って当たり前…そんな時代だったとか。

さて、時代は変わり移り現代、今時のJKたちは援交をしているのか?しているのならばいったいどこで募集しているのか?そしてその相場は?

今回はその辺のちょっとアングラな部分を僕の知る限りで解説していきたいと思います。

昔と比べて援交JKの数は大幅に減少

enkoujk01

まず言ってしまうと、援交ブームだった頃と違い、今時援助交際をしているJKってもうあまりいません。

これには20年前と違い消費をしなくなった今時の若者の傾向もありますし、ネットの規制や条例、法律が厳しくなったのも要因です。

それでも「自分の体を売ってでもお金が欲しい」というJKが0になったのかと言うと、そうではありません。

僕自身援交をしていると言う子に出会ったことは実際に何度もあります。

そんな数少ない援交JKたちはいったいどこにいるのか。僕が実際に本人たちや関係者から聞いた情報をお教えします。

なお、当然ですが18歳未満の子を買うのは違法なので、悪用は厳禁です。

援交JKの募集場所

enkoujk02

出会い系サイト・出会いアプリ

探すと今でも普通に見つけられますが、やはりネットで援交相手を探している子はいます。

例えば出会い系サイトや出会い系アプリは基本ですね。有料の各出会い系サイトではもちろん、無料のスマホアプリでも毎日見かけます。

18歳未満の違法JKは主にに無料アプリで募集していることが多いですが、無料アプリは子供たちによる「釣り」や「晒し」も多くトラブルが怖いので、おすすめできません。そもそも捕まります。

代表的な援交が盛んな無料アプリは「ぎゃるる」あたりが有名ですよね。他にも無数にある「~トーク」系の無料アプリも援交おじさんと援交募集のJCJKがいまだにかなりいます。

関連記事:2016年版のJKと淫行できるサイト(アプリ)ランキングが発表される

大手有料出会い系サイトは18歳になれば年齢確認が通るため、高3の合法JKが大量に割り切り(援交)募集をしています。こちらは18歳以上なので捕まりはしません。

SNSの裏アカウント

そしてここ数年で流行っている手法が、SNSの「裏アカ」を利用した募集です。

裏アカとは
SNS上でメインのアカウントとは別に作られた、主に女の子がアダルトな内容を投稿するためのアカウント。(リアル知り合いの人たちに隠れて活動するためのアカウントという広い意味でも使われます。)

裏アカには大きく分けて2パターンあり、一つはエロい自撮り写メを載せるパターン。もう一つが援助交際用。

例えばTwitterで「裏アカ」と検索してみると、一瞬で以下のようなアカウントが出てきます。

年齢はいろいろと問題があるだろうから書いていないことが多いですが、あまりにも生々しい制服の子とかもよく見るので、おそらくはガチJKもいるでしょう。

また、ここ1年くらいで「援交」や「割り切り」という言葉の代わりに「パパ活」という言葉が流行っていますね。援交より言いやすいためか、「パパが欲しい」「パパ募集」と言ってるJKをしょっちゅう見かけます。

関連記事:JKの間でもパパ活ブーム?パパ活と援助交際の違いとは

JKビジネス経由

昨今なにかとニュースで話題にあがるJKビジネス。ここで知り合ったお客さんとJKが、店外で援交の関係になることはありがちです。

俗に言う『裏オプ』なんかもマジのJKを使っているお店でこっそりと行えば、それはもう援助交際と言えますね。

売春組織経由

前述した援交ブームの頃に流行した「デートクラブ」にあたるようなJC・JKの援交を斡旋・管理しているグループや個人はいまだに存在します。

ただし、管理売春はバリバリの犯罪なため、危ない人たちと関わることになりトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、関わらない方がいいです。

JKの相場

souba

さて、ここで気になるのがJKたちが自身を売りに出している金額の相場。

僕自身が交渉したことはないので、あくまで本人たちがサイトやアプリで堂々と提示していた金額の話になりますが、イチゴ(15,000円)か2(20,000円)が多い印象です。

プチ(手コキやフェラチオ抜きだけで行う簡易援交)だともう少し下がるケースが多いです。

昔は援交のやり取りと言えば『イチゴ』や『プチ』や『ホ別2』などの隠語が飛び交ったものですが、これはもう死語に近く、最近のJCJKたちは全然隠語を使わないからちょっとビビりますw

JKの隠語

よく出会い系サイトや出会い系アプリで「助けてくれる人」「意味わかる人」「割り切り」「えん」「サポ」などの謎募集がありますよね。

これは全て「援助交際してくれる男性を募集」という意味です。割り切り募集が盛んなサイトなんかではさらに細かいたくさんの隠語がありますが、基本的にはわかりやすい隠語が多いです。先ほども触れましたが、最近の子は隠語を一切使わない子が多いです。

違法JKとの援助交際は犯罪

JKの援助交際情報を長々と書き記していきましたが、18歳未満の買春はバリバリの犯罪です。絶対にやめましょう。

18歳以上の合法JKを買うのは捕まりはしませんが、一応グレーゾーンなので、自己責任でお願いします。

管理人OGAが実際に出会えた優良出会い系サイト、教えます。

deaikei_lp

【PR】訳ありJKとの出会い…家出少女が集まる神待ち掲示板とは!?

iedejklp